鎌倉大仏の特徴

像容

総高(台座を含む) 13.35m (18.03m)
仏身高 11.312m (14.98m)
面長 2.35m (5.33m)
眼長 1.00m (1.02m)
口幅 0.82m (1.33m)
耳長 1.90m (2.54m)
眉間白毫直径 0.18m (0.30m)
螺髪(頭髪)高 0.18m (0.21m)
螺髪直径 0.24m (0.22m)
螺髪数 656個 (966個)
仏体重量 121 t (250 t)

※ 括弧内は、奈良・東大寺大仏像の数値に当たります。

作風

 作者は不明ですが、「慶派」(運慶とそれに連なる仏師達)の作風と宋代中国の仏師達からの影響の双方を併せ持つ、いかにも鎌倉期らしい仏像といわれています。

各部略説

白毫(びゃくごう)

○白毫(びゃくごう)

仏には常人と異なる「三十二相」(32の身体的特徴)があると考えられています。眉間の白毫(右巻きの白い毛のかたまり)もそのひとつで、ここからは人々を照らす光が発せられるといわれています。

○真青眼相(しんしょうげんそう)

○真青眼相(しんしょうげんそう)

紺青色とされる目も仏の「三十二相」のひとつとされます。瞼の下から垣間見ると、大仏像の目は伏し目をなすよう顔面とほぼ垂直に刻まれていることが分かります。

○頬

創建当初、大仏像の表面は塗金で覆われていたものとおもわれます。大仏像の両頬には今日なおその痕跡が認められます。

口

○口

穏やかに結ばれた口元に大仏像の慈愛を感じ取られる向きも多いことでしょう。彼のLafcadio Hearn(小泉八雲)氏も、その口元にたたえられた笑みを「東洋的微笑」と賞賛されました。唇を縁取る髭はギリシャの彫像のそれをも連想させます。

鼻

○鼻

一見して気づく「三十二相」のほか、仏は「八十種好」(80の微細な特徴)も持つと考えられています。「高くて真っすぐな、鼻孔がみえない」鼻もそのひとつに当たります。大仏像の鼻筋も額からまっすぐ伸びており、鼻孔は仏像の真下から見上げないと見えません。

耳

○耳

肩に達するほどの福耳、孔の開いた耳朶も、「八十種好」のひとつに挙げられます。大仏像の耳にもそうした特徴が表現されています。

手

○手

阿弥陀如来の印相(いんそう 手の形、組み方)は、親指と小指を除く三指のいずれかを合わせ、両手に輪をつくる点に特徴づけられます。親指を人差し指の上に乗せない組み方こそやや特殊といえますが、大仏像は9種類あるとされる阿弥陀仏の印相の中でも最も格式が高い「上品上生印(じょうぼんじょうしょういん)」を結んでいます。また、指の間には「三十二相」のひとつである縵網相(まんもうそう 鳥の水掻きのようなもの)も表現されています。

胎内

○胎内

胎内に入ると、大仏像が高度な技法を駆使して鋳造されたことに改めて気づかされます。内壁に見られる大きな格子模様からは、大仏像が約40回にも分けて鋳上げられた様子も窺えます。また分割・鋳造されたパーツのつなぎ目に、部位に応じ3種の「鋳繰り(いからくり)」が使い分けられていることも確認できます(「鋳造法」参照)。

鋳造法

大仏像の鋳造法を動画で解説します。
左のイラストをクリックしてください。